結婚ビザ・就労ビザ申請に強い行政書士事務所

〒653-0836 兵庫県神戸市長田区神楽町5-2-21 新谷ビル2階2号室
(各線新長田駅徒歩5分 駐車場:近隣にパーキングあり)

受付時間

9:00~18:30
定休日:日曜・祝日
(事前予約で時間外対応可)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

078-647-7103
090-3943-9131

永住ビザが不許可になる理由

永住許可要件を裏返しで見る

永住許可については、法務省がガイドラインを発表しています。

その要件については別ページで解説していますので、ここではよくある不許可の理由を説明します。

 

○過去に交通違反がある

交通違反くらいは問題ないだろうと考えて申請するのですが、それで不許可になるケースがあります。

軽微な違反が2、3回であれば通ることも多いですが、他の要素が絡んで不許可になります。

 また、反則金であっても、回数が重なれば審査が不利になります。

 重い違反については、かなりの疎明資料を提出することになります。それでも難易度は高い申請になります。

 

○出国が期間が長い、多い

年の半分も出国しているなどであれば、仕事上の海外出張であるなどの理由が必要です。

生活の本拠がそもそも日本になければ、入管からすれば「永住する必要があるのですか?」と問いたくなるケースになります。 

出国回数がやたら多いのも、注意が必要です。

事由によっては、理由書を添付したほうがよいでしょう。

 

○税金や社会保険の滞納がある

納税は日本国民の、三大義務の一つです。

これを守っていなければ、不許可になります。

 社会保険についても、現在は加入が必須です。

 

○年収が低い

年収は多いに越したことはないのですが、概ね300万あり、生活に支障がなければ問題ありません。

ですが、これよりも年収が低いケースでも、立証次第では許可は取れます。

 ただし、扶養家族があまりに多い場合などは、審査上不利になります。

申請前に、扶養を外すなどの手続が必要です。

 

○身元保証人が怪しい

身元保証人になってくれる人の経歴に、問題があるケースです。

これについては、身元保証人を変更すればよいと思われるかもしれませんが、そうではありません。

入管がマークするような人物と関わりがあると、思われてしまいます。

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

078-647-7103
090-3943-9131
受付時間
9:00~18:30
定休日
日曜・祝日
(事前予約で時間外対応可)

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

078-647-7103
090-3943-9131

<受付時間>
9:00~18:30
※日曜・祝日(事前予約で時間外対応可)は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/06/21
ホームページをリニューアル中です。
2022/05/30
「サービスのご案内」ページを更新しました
2022/05/27
「事務所概要」ページを作成しました

行政書士馬場法務事務所

面談室住所

〒653-0041 兵庫県神戸市長田区久保町6-1-1アスタくにづか4番館202

アクセス

各線新長田駅徒歩5分
駐車場:近隣にパーキングあり

受付時間

9:00~18:30

定休日

日曜・祝日(事前予約で時間外対応可)

LINEでのお問合せ

LINEのアカウント名はTOSHIになっています。LINEの確認はメールに比べて少し遅れます。お急ぎの方は、お電話かメールでお問い合わせください。